【FX初心者】FXってどういう投資?【FXのはじめかたvol.1】

こんにちは、ナオトです。

 

そろそろ将来に向けて
何か投資をしてみたいなぁ

 

 

なお太郎
それなら、投資初心者でも始めやすい
『FX』をやってみろよ

FXかぁ
聞いたことあるけど
よくわからないんだよね

株式投資なら、なんとなくイメージできるんだけど
何が違うの?

なお太郎
FXは簡単に言うと、通貨を売買する投資だ
日本円・ドルといったお金を取引するんだぜ

 

なお太郎
FXを始めたいなら
この記事はしっかり読むべきだぞ

 

 

記事は約4000文字で書かれてます。
少し長めなので、無理せず読んでね

Twitter:ナオト(@fpnaoto_fxtrade
FXの情報をわかりやすく発信してます

なお太郎
わからないことがあれば
ツイッターで質問してみるのもあり
こんな疑問を解決

FXって聞いたことあるけどよくわからない
興味はあるんだけどむずかしそう
何から始めればいいのかわからない

FXときいてもピンとこない方、これからFXで投資を始めようと考えている方、始めたいけどやりかたが分からないという方に向けて、FXとはどういうものなのか説明していきます。

 

 

 

FXとは、どんなもの?

 

 

FXとは、2国間の通貨を両替する投資商品
通貨の価格は、日々変動している
その変動から利益を得る
価格が上がるときも下がるときも取引チャンスがある

FXとは、通貨を両替して利益を得る金融取引です。FXは外国為替を意味するForeign  Exchangeの略称。外国為替とは、世界各国の通貨同士を交換することです。

例えば、海外旅行に行くときには、あらかじめその国の通貨に両替します。アメリカならば日本円をドルに、ヨーロッパであればユーロに交換します。

FXの取引も基本的にはこれと同じです。為替レートと呼ばれる通貨の変動を利用して、いろいろな通貨と取引をおこないます

 

2国間の通貨の両替比率(取引価格)のことを外国為替レートいいます。

また、このレートは「昨日より1円50銭の円高」といったニュースで聞いたことがあるという方もいると思いますが、日々変動しています。

 

なお太郎
日本で生活しているとピンとこないかもな。
海外では、お金の価値は日々変動しているんだ

FXのキャピタルゲインやキャピタルロスは、この変動により発生します。つまり外貨を買って利益を得るためには、買った時点からどれだけ高値に変動するかが重要なポイントです。

このときに発生する利益、損失を為替差益、為替差損といいます。ただし、利益と損失は買った通貨を売らない限り(売りから入った場合は買い戻さない限り)確定しません。そのためこの利益・損失は、含み利益・含み損失といいます。

 

FXの大きな特徴の中の1つに、その通貨の価値が上がるときは「買い」のトレードをすれば利益が発生し、その通貨が下がるときは「売り」のトレードをすれば利益が発生します。

つまり、通貨の価値が上がるときも下がるときも利益を得るチャンスがあります。

 

 

 

FXと外貨預金5つの違い

 

 

外貨預金との違い
お金の預け先が違う
『預ける』と『売買する』という違い
手数料の違い
資産保全の仕組みの違い
『買い』と『売り』が選択できる違い

FXと似た投資に、外貨預金があります。これは文字通りですが外貨で預金することです。外国の銀行にその国の通貨で預け、その国の銀行の金利が適用されます。

外貨で投資するという点は同じですが、仕組みは全く違います。仕組みの違いを順番に見てみましょう。

1.  お金の預け入れ先の違い

外貨預金の取り扱いは主に銀行です。預かったお金を海外の銀行に預けて、発生した金利を預金者に支払うというものです。

FX取引は、通貨の売買を専門的に行うFX会社や証券会社が行います。預かったお金で売買を代行して、発生した利益から手数料を引いたお金を投資家に支払うというものです。

2. 『預ける』と『売買する』という違い

外貨預金は、円を外貨に替えて海外の銀行に『預ける』ものです。例えば資金が10万円であれば10万円分の外貨に両替します。

 

FXの場合は資金を「証拠金」として預け、それを担保にして外貨を『売買』するものです。

資金を最大25倍(国内証券会社の場合)に増やして取引することもできます。この仕組みを「レバレッジ」といいます。

 

レバレッジ効果が期待できるから
少額での投資が可能なんだね

 

証拠金~FX会社(の口座)に預け入れるお金のこと。FX取引は、この資金を担保にして為替の売買を代行してもらう仕組み。利益が出た場合には証拠金に加算、損失が出た場合には証拠金から差し引いて管理されます。

 

 レバレッジ小さい力で大きな石を持ち上げる「てこの原理」。この原理をレバレッジといいます。FXの取引ではこのレバレッジを利用して、少額でも大きな取引が可能です。

レバレッジの幅は1~25倍(国内証券会社の場合)。レバレッジに応じて、為替差益や得られる利息も最大25倍まで増やすことができます。

3. 手数料の違い

外貨預金は大手銀行の米ドル預金で1ドルにつきおおよそ1円、ネット銀行で0.1円ほどの手数料が掛かります。

FXは多くの会社が手数料無料。ただし、外貨を買う価格と売る価格に差(スプレッド)があるので、売買時にはその差が負担になりますが、それでも1ドルにつき0.01円ほどです。取引に掛かるコストが小さいのが特徴です。

 

 スプレッド~スプレッドとは「開き」という意味でFX会社の通貨の購入価格と売り価格の開きのことをいいます。この差額を負担するのは取引をする投資家です。

4. 資産保全の仕組みの違い

国内の金融機関に預金した円は、銀行などが破綻したとしても「預金保険制度」により保護されます。外貨預金とFXは対象外です。

ただし、FX会社に預けたお金はFX会社以外の信託銀行などにより管理されるため、FX会社が倒産したとしても、資金は返還されます

5. 『買い』と『売り』が選択できる

外貨で預金をするということは、外貨を「買う」ということです。なので米ドルが下がる(円高ドル安)局面と予測する場合は投資できない状況になります。

FXの場合は「買い」と「売り」が選べるので、円高ドル安局面だとしても、投資することができます。

 

 

 

FXと株式投資4つの違い

 

 

株式投資との違い
取引時間の違い
投資先の違い
値動きの違い
取引の種類・価格の違い

株式投資、FXともに利益や損失が発生する仕組みはおなじです

売買時には価格差による利益と損失(キャピタルゲインとキャピタルロス)が、保有している株式や通貨に対しては配当や利息による利益(インカムゲイン)が発生します。

異なる点は、まず、投資対象の数です。株の投資先(銘柄)の数は3500ほどあります。FXは、主に米ドル、ユーロ、ポンドなど20種類(国内証券会社の場合)ほどです。

その他の違いも順番にチェックしていきましょう。

キャピタルゲイン~株や外貨の売買の価格差から生じる利益のこと

インカムゲイン~FXでの金利(スワップポイント)や、株式投資の配当収入や株主優待のように保有していることで得られる収入のこと

1. 取引時間が違う

株式市場が開いているのは平日の9時から15時まで(11時30分から12時30分までは休憩)。

FXは、平日は24時間営業

2. 投資先が違う

国内の株式投資は、主に日本の企業が対象です。そのため、日本経済が上向きのときには、投資先も多く見つけることができますが、下向きのときは投資先が減ります。

FXは各国の通貨を対象にしているので広範囲な投資ができます。日本国内の景気に関係なく、他の先進国や新興国に投資することができます。

3. 値動きの違い

株式投資は、投資する企業によって大きく値動きすることが特徴です。小さな会社が急成長して、株価が何十倍にもなることもあります。

ただし、投資先企業が倒産すると資金も0円になってしまいます。

FXは比較的値動きが穏やかです。短期間で何倍に上下することもないですが、通貨が無価値(0円)になることは考えにくいですね。

4. 取引の種類、価格の違い

株式投資で買える銘柄は約3500種類。数万円で買える銘柄もありますが、大企業や人気企業の株となると数十万円から100万円以上することもあります。

FXの場合は、通貨を取引対象としているため、日本円・ドル・ユーロなどといった主要通貨20種類ほどが取引対象になります。

FXで買える外貨の予算には制限がありません。世界各国の通貨を少額で買うことができます。

FXの始め方

FXを取引するためにはFX会社や、証券会社に口座を開設する必要があります。これから口座開設をしようと考えている方は、こちらの記事を参考にしてみてください。
FX会社、証券会社を比較しています。ご自身にあったFX会社、証券会社を選ぶことが、FX投資の第一歩ですね。
関連記事FX会社比較
ちなみに、僕が使っているFX会社はこちらです。
関連記事証券会社情報

 

FX初心者の方がFXのことをなにも知らずにトレードするのは無謀ですよね。FXの基本を勉強する方法として『本や書籍から学ぶ』ということも、効率的な勉強法です。

まずは、基本を勉強してから資産運用を考えましょう。

どういったFX本を選べばよいかわからない方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

FXはどういった投資商品なのか理解できたと思います。これは、はじめの一歩です。

まだまだ覚えることはありますがFX投資を学習していくと「世界がつながっている」ということが実感できます。これはすばらしいことだと思います。今までとは違った視点から物事が見えてくるようになると思います。

現代は、すでにグローバル社会です。FXを通して世界経済に興味がでてくれば、それだけでも、FX投資をする価値があります。

これからFXをはじめたいと考えている方は、世界がつながっているということを意識しながら勉強してみてはどうでしょうか。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事