サラリーマンFXトレーダーが稼ぐためのトレードルールの作り方

こんにちは、ナオトです。

FX取引をしている方の多くは、専業ではなく兼業トレーダーの方が多いと思います。

普段は夕方まで会社員として働き、自宅に帰宅後FX取引をする。というパターンがほとんどではないでしょうか?

 

僕も以前は会社員として働いていたよ

なお太郎
専業トレーダーと違って
仕事が終わった後のトレードだからな
トレード時間は限られるな

会社員のFXトレードあるある~
取引時間が限られてるので早く利益を出したい
利益を出したい欲が強く、適当エントリー
含み損を抱えたまま、次の日に仕事に行く
含み損で、仕事に集中できない
仕事がおろそかになる

一番よくないのは
トレードをずっとやってしまい寝不足になることだよ

なお太郎
たしかにな
仕事に影響してしまっては本末転倒だ

なお太郎
睡眠はしっかりとれよな

 

 

この記事でわかること

日常生活の大切さ
会社員向けのトレード方法
会社員向けのトレードルール

そこで今回は、会社員の方がトレードで稼ぐことができるようになるトレードルールについて説明していきます。

Twitter:ナオト(@fpnaoto_fxtrade
FXの考え方などをつぶやいているよ

 

なお太郎
会社員の人は、フォローしておいた方がお得だぞ

 

いつもですと、ルールや戦略といった話しをする場合は『目標・理由・期間』を明確にしてください。という話しをします。

しかし今回は省略しますので、こちらの記事を参考にしてください。

 


FXでサラリーマンが稼ぐ方法とは?

 

結論から言うと

ストレスを抱えないFX取引をする

 

仕事でストレスありませんか?

さらにFX取引がストレスになると精神的につらくなるよ

なお太郎
そういうこと
FX取引は、ハッピーになるためにするもんだぜ

 

前提にあるのは、皆さんそれぞれ仕事を持っていて収入のあるかたです。よほどの理由がない限り、生活していけるはずです。

なので、はっきりいって

毎日トレードをする必要もないですし、そもそも急いで利益を上げる必要もない

ということです。FX取引で全勝できる人はほぼいません。少なくとも、僕が知る限りではいません。

なので、相場が動いていないときに利益を出そうとしてもなかなか難しいですし、逆にトレンドが始まったときに、反対のポジションを持ってしまっていたら、終わりますよね?

 

あなた自身の取引の予定と、為替相場の予定は必ずしも一致しない

 

負けることも想定しておけばストレスも減ります。無茶なトレードもしなくなりますよ。利益に関しても、安定した勝率が出てくれば、LOTをあげればいいだけです。

LOTが小さくても、大きくてもトレードのやり方は同じですから

ということで、その『安定した勝率』に向けてのルールを作っていきましょう。


トレードスタイルを分析する

最初にやるべき作業は、ご自身のトレード状況をチェックすることです。なかなか勝てないという人は、ほとんどトレードノートをつけていません

トレードノートのつけかたがわからないという方は、こちらを参考にしてください。

 

なので、ご自身を

客観的に見る癖をつける

という事を意識してください。

為替相場の分析も大切ですが、ご自身を知るという事が最も重要です

自分自身を把握するポイント
取引のメイン通貨は何か?
取引スタイル(スキャル・デイ・スイング)
最大利益・損失・平均利益・損失
勝率
1日の中で取引に使える時間

ご自身のことですからこのくらいは押さえておいてください。もしも上記項目が分からないという方は、最小単位での取引をしてデータを取ることが必要です。

 

 

エントリールールの決め方と時間管理

次にチェックすることは、チャート分析と時間管理です。先に時間管理のことから話しますが、これは決まった時間になったら就寝するということです。

たまに遅くまで粘って勝つこともありますが、健康に良くないです。ある程度は資産を増やすまでに時間はかかります。目先の利益よりも、ルーティーンワークに徹した方が良い結果につながることが多いです。

 

あなたの取引できる時間が、夜の20:00~23:00であるならば、その時間内に取引のチャンスがこないようであれば、取引しないで終わることが大事です。

なので就寝時間を決めておき、その時間になったら取引を終了するという習慣を身につけるようにしましょう。相場は次の日もあるので、焦らず行きましょう。

FX取引は、ルーティンワークに徹する

チャート分析に移りますが、ここからは画像を交えながら説明していきます。

 

 

上記画像はドル円の1時間足です。

赤い縦線から赤い縦線までが先週1週間のチャートの動きです。

 

例えばですが、先週は上昇で終わっています。そして価格の現在位置は黄色の丸部分です。そしてこのまま上昇と判断した場合は

①買いエントリーをするわけですが、このときにリスクリワードが合っているかチェックします。

②の利確できた場合は30pipsの利益、③の損切ポイントは20pipsになっています。ですので、この場合はエントリーしてもOKですね。

そして、このパターンで利益を出せたとします。

 

そうした場合は、このパターンに似た過去チャートを検証して、勝率を出します。勝率が半分以上あれば、リスクリワードの差で利益が出ますよね。これを繰り返していけばいいだけです。

肝心なのはこのパターンがあなたが取引できる時間にないときは、取引しないことです

※これはあくまで一例です。このパターンが勝てるというわけではありません

自分の得意パターンがない、もしくはわからないという方は、繰り返しになりますがトレードノートつけましょう

身に付けるべき注文方法

ストレスフリーで取引をするために一番必要なことは

損失金額がいくらなのか前もってわかっている事

これに尽きると思います。

一番ストレスになるのが損失金額がどんどん大きくなっていく時だと思います。目の前の資産が減っていくというのはとてもいやな気持ちになりますよね。

ですが負けも想定しておく、ということは先ほども話しましたが、損失金額がわかっていれば、そんなに気に病む必要もないですよね。

 

確かに負けること自体は嫌なことですが、避けて通れません。割り切りましょう。

そして会社員の方に必要な注文方法はOCO注文です。

 

個人的にはOCO注文方法が
最強だと考えているよ

OCO注文とは
成行でエントリー
自動で利益と損失を確定させる注文方法

詳しい注文方法を知りたい方はこちらをどうぞ

 

 

OCO注文があれば怖いものなしですね。指値と逆指値を注文しておけば、寝ている間も問題ないですよね。損失が限定されていますから

ご自身の取引時間内にチャンスがなければ取引しない

エントリーした場合は、OCO注文をだしておく

上記2点を守るだけで、相当勝率が変わりますよ。

当ブログで利用しているFX会社はOCOなどの注文も簡単に設定できますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

 

あわせて読みたい

 

チャートに関してはMT4というプラットフォームで、ほとんどのチャート画像はMT4を使って説明していると思います。

MT4を使ってみたいという方はこちらをどうぞ

 

 

FXでサラリーマンが稼ぐ方法まとめ

ストレスを抱えないような取引スタイル
毎日トレードする必要はない
客観的に見ること
ルーティンワークに徹する
損失額を把握しておく
OCO注文を活用する

 

 

FX取引する時間に限りのある会社員の方向けに、トレードルールの作り方を説明しました。

焦らずに取引していけば、利益は積みあがっていきます。損失金額を決めたら、あとは相場に任せましょう。

ストレスがFX取引には最大の敵です。

スポンサーリンク
おすすめの記事