【FX】資金管理『2%ルール』を具体例でわかりやすく解説【画像付き】

こんにちは、ナオトです。

FX取引でご自身の資金・資産を守るのはとても重要です。利益のことばかり考えていると思わぬ落とし穴が待っています。

とはいえ、FX取引での資金・資産は人それぞれ違います。取引スタイルも違えば、目指す利益額も違います。そこで今回は、資金管理における『2%ルール』について、資金・リスクリワード別どのようなポジションサイズ(LOT)が適切なのかをチャート画像を使いながら説明していきます。

FX取引はルール通りやるのが
ブレない秘訣だよ

なお太郎
資金管理をマスターすれば
落ち着いて取引できるぞ

Twitter:ナオト(@fpnaoto_fxtrade
FXのことについて情報を発信しているよ
この記事でわかること

『2%ルール』の意味がわかる
チャートを見て資金管理できる
FX取引の適切なポジションサイズがわかる
リスクリワードの考え方がわかる

資金管理についてはこちらの記事

 

【FX】資金管理の正しいやり方でリスクを避けて稼ぐ【簡単な方法】

 

を読んでからのほうが、より理解が深まります。

 

 

 

資金管理における『2%ルール』とは?

結論から言うと、資金管理は『2%ルール』で何故決めるのかというと

FXで継続して資産を増やすため

これに尽きます。FX取引では、勝つことは誰でもできます。しかし勝ち続けるとなると難しくなります。なので、1回の損失で致命傷を負わないため、傷を浅く抑えるためには『2%ルール』は有効な手段です。

そして損失額も、負けても苦にならない程度の金額に設定しておけば、精神的にも取り乱すことはないですよね。資金面・精神面を考えた場合に『2%ルール』が資金管理に適しています。

そして、資金管理のポイントは『ご自身の勝率を把握する』ことが重要です。もしも、あなたが自分の勝率を把握していないとしたら、トレード記録をつけることをオススメします。

なお太郎
適切な資金管理をするには
自分の勝率も関係してくるぜ

トレード記録をつけることで、トレードの改善点・強化すべきところが見えてきます。

トレード記録のつけかたがわからないという方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

参考FXを攻略するトレードノート活用法【すべてを可視化せよ!】

資金管理の具体的なやり方

同じ資金量を持った投資家同士でも勝率や、狙っていく利益、取引するLOT(ポジションサイズ)などはそれぞれ違います。そこで、パターン別での資金管理の違いを説明していきますので、ご自身に当てはめて参考にしてみてください。

適切なポジションサイズを知る計算式

LOT(ポジションサイズ)=リスク許容金額÷リスク許容pips

この計算式を基に適切なポジションサイズを決めることが資金管理につながります。

資金管理のパターン①

条件:資金20万円、勝率40%の場合

Aさんの場合

資金を20万円持っているAさんは勝率が40%です。なので、勝率から考えるリスクリワードはリスク1に対してリワードを1.5以上でないとだめという事です。

資金20万円で、2%ルールを採用すると4000円がリスク許容金額ということになります。リスク許容金額がわかったところで、チャートを見てみましょう。

水色枠内のところでチャートを見ているとします。Aさんは下降からの反転で、このまま価格が上昇すると考えました。

そこで、買いのエントリーをすることに決めました。この場合のリスクリワードは利確が45pis、損切が30pipsというプランにしました。これだとリスクリワードは1対1.5になっていますので、リスクリワードも大丈夫ですね。あとは、このトレード戦略が現実的かどうかを判断してエントリーするかどうかを決めます。

エントリーすると決めた場合のAさんの適切なポジションサイズ

損失許容金額4000円÷損失許容幅30pips=0.13LOT

ということになります。1pips=100円で計算しています。

資金管理のパターン②

条件:資金50万円、勝率50%の場合

Bさんの場合

資金を50万円持っているBさんは勝率が50%です。なので、勝率から考えるリスクリワードはリスク1に対してリワードが1以上ないとだめという事です。

資金50万円で、2%ルールを採用すると1万円がリスク許容金額ということになります。リスク許容金額がわかったところで、チャートを見てみましょう。

さきほどと同じチャートです。そしてAさんと同じ戦略を取ったとします。そうすると利確45pips、損切30pipsというリスクリワードも条件は大丈夫ですよね。

Bさんの適切なポジションサイズは・・・Aさんの例を参考にしてご自身で計算してみてください。1pips=100円とします。

資金管理『2%ルール』のまとめ

2%ルールは継続的に勝つための資金管理方法
適切なLOT=リスク許容金額÷リスク許容pipsで計算
勝率とリスクリワードは密接な関係
勝率を知るにはトレード記録をつけること

 

資金管理の注意点としては、リスクリワードばかりを気にしてしまい、相場状況を把握せずにトレードしてしまう事です。例えリスクリワードが合っているとしても、利益を獲得するのが現実的ではないチャート状況では意味がありませんよね。

ですのでFX取引は資金管理、チャート分析の両方大事だということです。

チャート分析がわからない、苦手、勉強中という方は

週間チャート分析限定版』という記事で学んでみてください。毎週末に翌週の為替相場の動きをテクニカル分析しています。無料登録で読めるようになります。資金管理ができて、テクニカル分析ができるようになれば、資産は増えたも同然ですね。

詳しい無料登録方法はこちら

 

『週間チャート分析限定版』の詳しい内容を知りたい方はこちら

 

参照【FX】週間チャート分析・限定記事【体験版】【2020・1/6~1/10】

 

ところでBさんの適切なポジションサイズは計算できましたか?

1万円÷30pips=0.333....LOT。約0.3LOTというのがBさんの適切なポジションサイズです。

この記事では2%ルールで資金管理の話を進めましたが、これが絶対正しいということではありません。ご自身に合う資金管理方法をみつけることが大事です。

スポンサーリンク
おすすめの記事