FXで成功するためには4つのポイントを覚えるだけ【誰でもできる】

こんにちは、ナオトです。

 

FXで成功するにはどうしたらいいんだろう?

 

なお太郎
基本が大事だよねー。

 

基本って!
もっと具体的なアドバイスはないの?

 

必勝法みたいなやつ教えてよ

 

なお太郎
こいつ
簡単に稼げると思つてるなぁ

Twitter:ナオト(@fpnaoto_fxtrade
資産運用法についてつぶやいてるよ

 

FX取引でトレードするたび利益が出るようであれば、何も考える必要はないですよね。取引すればするほど資産が増えます。

しかし、FXで成功している多くの人は、勝ち負けを繰り返しながら少しずつ資産を増やしている、というのが本当のところです。

 

ですのでFX取引で資産を増やすには、戦略を練ることが必要です。

そこで今回は、FXで資産を運用していくために4つの考え方を合わせるだけでFXで成功できる『TDSTサイクル』について説明していきます。

 

この記事でわかること

FXで成功するために必要なこと
『TDSTサイクル』の意味が分かる
継続することの大切さ
トレード以外も戦略的に考える重要性

ちなみに、このTDSTサイクルという言葉は、僕が作った言葉なので他のFX関連のものには無い言葉です。

TDSTサイクルとは?

結論からいうと

『TDSTサイクル』を繰り返し実践することでFXで成功することが可能

とはいえ、本当に成功するの?TDSTって何?という意見があると思います。なので、順番に解説していきます。

TDSTとはそれぞれのアルファベットの頭文字を取ったものです。

TOTAL⇒総合的
DATE⇒データ
SIMULATION⇒シュミレーション
TIME⇒時間

この4つの考え方がわかるようになれば、資産は自然と増えていきます。

TOTAL

トータル・総合的という意味には、2つの意味があります。

1. FX取引を総合的に考える

2. 資産を増やす全体図を作る

1. FX取引を総合的に考える

これは、冒頭でも述べましたが、多くのトレーダーは、勝ち負けを繰り返しながら資産を増やしています。なので、一回一回のトレードはもちろん大事ですが、一回の取引で、大勝ちを狙わないということです。大勝ちを狙うという事は、逆に大損する可能性があるからです。

リスクを取らなければ、資産は確かに増えていきません。ですが、無駄なリスクは避けるべきです。大事なことは、『次回も取引できる資金がある』ということです。

 

投資で資産を増やす鉄則は『損失を上回る利益』。これだけです。

2. 資産を増やす全体図を作る

全体図を作るという事は、資産がどのように増えていくかをあらかじめ決めておくという事です。もちろん予定通りいくことは投資においてはそんなに簡単なことではありません。

しかし、どのくらいの取引期間、回数、LOTを使えば『目標金額を達成できるのかを、全体として把握しておけば、損失の許容範囲もわかりますし焦る必要もなくなります。

さらに、全体が見えることで無駄なFX取引も少なくなってきます。

なるほど!
全体図を作れば、負けたとしても、あせって取り返すこともないよなぁ

 

なお太郎
そういうこと
少し、わかってきたようだね

 

例えば、1ヶ月で10万円資産を増やしたい場合の全体図は

例)あなたのFX取引状況
目標金額⇒10万円
期間⇒1ヶ月
取引可能日数⇒10日間
取引LOT⇒0.1LOT(1万通貨)
トレード1回の獲得pips目安⇒30pips
トレード1回の損失pips目安⇒20pips
勝率50%

あなたの状況が上記のような設定だと仮定すると、単純に考えると2回に1回は利益10pips=1000円の利益が出ます。

 

10万円÷1000円=100回取引×勝率50%(2回取引)=200回取引/10日間

 

この計算で行くと、10日間でFX取引を200回しなくては目標金額に行きませんね。どうですか?現実的ではありませんよね。このように全体を知っておけば、上記の条件では目標金額10万円を達成するのは、難しい事が最初からわかりますよね。

 

このケースで見直す点としては

目標金額を下げる
1ヶ月という期間を長くする
取引LOTを上げる

 

といったことなどが考えられます。これらを再度考慮して全体図を作ることにより、あなたのFX取引が最適化されていきます。大事なことは、現実的に考えて無理のない計画に沿ってFX取引を行うということです。

DATE

上記項目のTOTALを考える場合に欠かせないのが、相場分析と自己分析です。為替相場の分析をしている方は多いですが、自己分析をしている方は少ないです。

自己を知らなければ、TOTALで考えることもできません。ですのでご自身のデータを集めることが最重要です。

全体を知るために必要なデータ
為替相場分析
自己データ(トレード記録)

ご自身のデータを集めるには、トレードノートが最適です。まだ、トレードノートを作成していない方はぜひとも作成してください。

 

テクニカル分析はするけど・・・
自己分析はしてなかった

 

トレードノート作りたいけどさぁ
どうやって、書けばいいかわかんないんだけど?

 

なお太郎
やっと、やる気になったようだね

 

なお太郎
1回取引するごとに、損益や、取引した通貨ペアなどを記録していくんだ

 

なお太郎
詳しい書き方は、以下の記事を参考にしてね

 

 

SIMULATION

FX取引するときに、シュミレーションは大事な要素の一つです。簡単に言うと

相場がこうなったらこうする

ということをイメージしておくことです。FX取引のシナリオを作る、ともいいます。

 

上記チャート画像で説明すると、ピンク色丸部分近辺で、チャートを見ているとします。

この場合、①水色のライン、丸部分が直近高値、③緑色のライン、丸部分が直近安値です。

 

そして、②と③の間がレンジと考えると、下降から上昇へ転換するのではないかと仮定を立てたとします。

イグジット(利確&損切)は明確ですよね。利確は①まで、損切は③下抜けたらということでよさそうです。

エントリーはというと②レンジを上抜けたらということになります。(オレンジ色丸部分)

 

こういったシュミレーションをピンク色丸部分近辺で用意しておく。ということが重要です。

仮に、思惑通りいかなければ、エントリーを見送ればよいだけです。そうすることにより、無駄な取引は激減します。

 

シュミレーションしとけば相場が簡単に見えてくるなぁ

エントリーもしやすいや( ´∀` )

なお太郎
そういうこと

なお太郎

FXでは、いかに無駄な取引を減らすかが重要

みんなも『シナリオ』立てようぜ

TIME

時間』という概念も忘れてはいけない項目の一つです。

『時間』の2つの意味
資産が増えていくには時間が必要
FX取引する時間を決めておく

資産を増やしていくには、ある程度時間がかかるという事を意識しましょう。投資での危険な考え方は『すぐに利益が欲しい』という、くれくれ病になってしまうことです。

正しく運用すれば、お金は後からついてきます。焦らずにFX取引することを心がけましょう。そのためにはやはり『資産を増やす全体図』が必要になります。

 

そして、時間に関してはもう一つの意味があります。

それは、FX取引をする時間を決めておく。ということです。多くの方は兼業トレーダーです。なので、専業トレーダーの方のように一日中チャートは見れませんよね。

ご自身が取引できる時間を決めておき、その時間内にチャンスがなければスパッとチャートを閉じる

 

より良い日常生活をおくるためにも『時間管理』を身に付けましょう。

この時間管理に有効なトレード方法があります。こちらを参考にしてみてください。

 

FXで成功する4つのポイントまとめ

日常生活も含めて総合的に考える
自分自身のデータを取る
取引はシュミレーションが大事
資産を増やすにはある程度時間がかかる

これが、TDSTサイクルの基本です。

そして何より大事なことは『継続する』ことです。

 

やっぱり基本が大事ってことかぁ

 

まずは、全体図を考えるか~

 

なお太郎

そこに気づいたなら、もう大丈夫!

あとは、FXの勉強を継続しよう

 

まずはご自身のFX取引に対する全体図を作る作業をしてみましょう。色々と気づかなかった点が出てくるはずです。

また、為替相場分析に関しては、当ブログで毎週末に『週間チャート分析限定版』という記事を書いています。これは、来週からの為替相場の動きが、どのようになるかテクニカル分析している記事です。

無料登録すると誰でも読めるようになります。テクニカル分析がわからない・苦手・覚えたいという方は、ご自身の勉強のために無料登録してみてください。テクニカル分析も、覚えるにはある程度の時間がかかります。

 

詳しい無料登録方法は、こちらを参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事