【MT4】メタトレーダー・チャート設定方法を画像で解説【基本編】

こんにちは、ナオトです

MT4はインストールしたけど設定方法に困っていませんか?いろいろと機能があるので、最初はどうしてよいかわかりませんよね?

そんなときは、この記事を読めば解決できます。また、MT4をインストールしていない方も、読み進めていくうちにMT4を使いたくなるはずです。

MT4は、自在にチャートをカスタマイズできるのが魅力です。機能が充実しているので大変便利です。

 

控えめに言って
MT4チャートは神ですね(笑)

なお太郎
確かにそうだな
MT4で分析力がUPしたからな

チャートが見やすいからね

Twitter:ナオト(@fpnaoto_fxtrade
FXについてつぶやいてます

 

この記事でわかること

MT4のチャートの表示方法
MT4のチャートの設定方法

    ここでは、チャート表示・設定方法について説明していきます。

    まだMT4を使ったことがないという方は以下の記事を参照して、インストールしてみましょう。

     

    関連記事【FX】超簡単!MT4セットアップ方法【インストール&ログイン】

     

    新しいチャートを表示する

    2020年8月5日追記~こちらの動画でもMT4の基本設定をご覧いただけます。

    最初にMT4を起動させると、以下の画像のようにすでにいくつかのチャートが表示されています。

     

    右下の青色で囲った丸の部分に『○○/○○kb』と表示されていればMT4は正常に起動しています。(○○は数字です)

     

     使わないチャートを消去する

    自分が使いたいチャートを表示させるために、最初に表示されているチャートを消していきます。消去のやり方は簡単です。

    チャート右上にある『✖』ボタンをクリックするだけです。全部消してみると、以下のようになります。

     

     

     新しいチャートを表示させる

    ここからは、自分が使いやすいように、FX取引に必要なチャートを入れていきます。

    新規チャートの表示方法は、2パターンあります。

    1. 『ファイル』⇒『新規チャート』を選択します。
    2. 『ファイル』の下にあるツールバーのアイコンを選択します。

     

     

    1または2の方法でボタンをクリックすると、上記のように通貨を選択する画面になります。

    ここから自分が取引したい通貨ペアのチャートを表示させていきます。

    USD/JPY(ドル円)を表示してみました。

     

     

    『気配値表示』画面の使い方

    MT4の画面左側に気配値表示画面があります。気配値表示には通貨ペア・現在のレートの一覧が表記されています。

     

     

    緑色で囲ったアイコンをクリックすると気配値表示が開きます。

    赤色で囲ったところに『気配値表示』と表示されているのがわかります。青色で囲った箇所が通貨ペアの一覧になります。

     

     『気配値表示』に表示されていない通貨ペアの追加方法

    自分が取引したい通貨ペアがない場合、気配値表示の一覧から、通貨ペアを追加することができます。

    気配値表示上であれば、どこでも大丈夫なので右クリックして、赤色で囲った『すべて表示』を選択すると通貨ペアが追加されます。

     

     

    チャート画面設定

    チャートサイズを変更する

    チャートを何枚か表示させたのが以下の画像です。

     

    この表示の仕方だとチャートが重なりあって、チャート分析するには使いにくいですよね。

    これは『重ねて表示』という表示方法です。

    赤色で囲った箇所(ボタンが3つあります)で一番左を押すと、使わないチャートをしまうことができます。

    真ん中のボタンを押すとチャート表示が最大になります。

    右側のボタン『✖』を押すと消去できます。

    チャート表示配列の種類

    チャートを1枚だけ表示させたいというときは別ですが複数通貨、または異なる時間足を監視したいときは以下の表示方法ができます。

     

     

    ウインドウ』(赤色で囲った箇所)をクリックすると4つの表示方法がでてきます。それぞれ緑・青・ピンク・オレンジで囲んだ箇所です。順番に説明していきます。

     

     『ウインドウの整列』

    これは一番基本的な表示方法です。ちなみに、僕もこのような表示方法で取引しています。

     

     

     『重ねて表示』

    これは、さきほど見ましたね。あまりこういった使い方をする方はいないかと・・・

     

     『水平分割』

    チャートを横幅いっぱいにして複数枚を表示させる方法です。

     

     

     『垂直分割』

    直近の値動きの比較などをする際に使える表示方法です。

     

    ローソク足表示に設定する

    MT4でのチャート足表示は3種類あります。赤色で囲った箇所を押すと、利用したいチャート足が選択できます。

    1. バーチャート
    2. ローソク足
    3. ライン

     

     

    表示方法は3種類ありますが、普段の取引ではローソク足を使っている方が多いのではないでしょうか?

    ローソク足を見やすいサイズに調整

    チャート分析する際に、チャートを大きく表示させてローソクの値動きをしっかりと把握したい。

    あるいは全体のチャートの流れを見たいから表示を小さくしたい。取引するときはこのような場面があると思います。

    ローソク足のサイズを調整するには、赤色で囲った箇所の虫眼鏡をクリックすると押した分だけ一段階大きくなったり小さくなったりします。(虫眼鏡の中のが大きくする・が小さくする表示)

    1. 通常の表示
    2. 大きく表示
    3. 小さく表示

     

     

    チャートの時間足を変える

    FX取引するときに各トレーダーの取引方法は多種多様ですし、見ている時間足も違います。

    自分の取引スタイルに合った時間足を表示させて監視したほうがトレードもしやすいですよね。

    時間足を変える方法は、チャートの上部分のツールバーから以下の画像のアイコンをクリックします。

     

     

    • M1⇒1分足を表示
    • M5⇒5分足を表示
    • M15⇒15分足を表示
    • M30⇒30分足を表示
    • H1⇒1時間足を表示
    • H4⇒4時間足を表示
    • D1⇒日足を表示
    • W1⇒週足を表示
    • MN⇒月足を表示

     

    MT4の基本的な設定方法を説明しました。MT4はトレードライフを快適にするための重要なツールのひとつですね。

    当ブログからこのMT4が無料で使えるFX会社に口座を開設すると『週間チャート分析限定版』記事が無料で読めるようになります。

     

    週間チャート分析限定版は毎週末に、翌週の為替相場の動きをテクニカル分析して、無料会員様向けに書いています

    テクニカル分析を覚えたい・苦手・むずかしいと思った方は、無料で読めるので登録してみてください。資産運用方法についても記事にしています。

    詳しく知りたい方は、こちらを参照してみてください。

     

    MT4チャート設定の応用編も合わせて読むと、より使いやすくなります。

     

    関連記事【MT4】メタトレーダー・チャートの設定方法【応用編】

     

    関連記事【MT4】売買注文の種類と注文方法マニュアル【機会損失を防ぐ!】

    スポンサーリンク
    おすすめの記事