【FX】わずか1分!プライスアクショントレードで15000円稼ぐ手法を解説

こんにちは、ナオトです。

わずかな取引時間で15000円を稼げたら、、お金に困ることはないですし、自由な時間も増えます。そんな取引があったらいいな?そう思いますよね?実は、あることを覚えればわずかな時間で稼ぐことが可能です。

そこで今回の記事は短期取引でのポイントを、実際に取引したチャートを使って詳しく解説していきます。また、取引履歴も掲載しています。FX取引で悩んだり、迷っている方は必見です。ぜひ、最後までお読みいただき、この手法をマスターしてください。

1分で15000円?
どんな取引法なの?

なお太郎

このやり方を覚えるには
プライスアクションを理解することだぜ!

プライスアクション?
なんだろう?

なお太郎

価格の動きはじめを狙う方法だ。
まぁ、焦らず最後まで読んでみるべきだぜ

FXに関することをつぶやいてます(笑)
Twitter:ナオト(@fpnaoto_fxtrade )

この記事でわかることは、以下の2点です。取引時間があまりとれない人も、この方法をマスターすれば楽しいFXライフが待っています。

この記事でわかること

プライスアクションの意味がわかる
トレード方法のやり方がわかる

チャート画像を複数使って解説します。かなり詳しい内容になっていますので、初心者の方もトレード方法を覚えることができます。

プライスアクションとは?

FX用語にはカタカナが多くて困りますね(笑)。プライス=価格、アクション=動き。簡単に言えば、価格の動き出しを狙ったトレード方法です。もう少し詳しく言うと、価格が相場のある局面にくると、チャートが反応し、つれて価格も動き出すことです。

つまり、プライスアクショントレードは相場が反応するであろう、ある局面を探し出して、それに乗っかって取引していく方法です。

価格が相場のある局面に来ると
  反応して価格が動き出すこと

具体的なチャート解説に入る前に、実際にトレードした取引履歴を公開します。

このトレードは、2022年8月1日に取引したものです。取引通貨ペアはGold(金)でした。僕のブログ会員さん、Twitterのフォロワーさん、公式LINE友だち、YouTubeチャンネル登録者さんには馴染みの通貨となっています。

YouTubeで思い出しましたが、この記事は動画でもご覧いただけます。おかげさまで2022年9月には、チャンネル登録者数が300人を突破しました。ライブ配信もしていますので、チャンネル登録しておくと、お得情報などがゲットできるかも(笑)

プライスアクショントレード動画は↓↓↓↓

 

上記の取引履歴はスマートフォンでのものです。以下はパソコン画面での取引履歴ですが、注文から決済までの時間に注目してください。

エントリーした時間が16時1分50秒です。決済したのが16時2分33秒です。その間わずか40秒です!正確には1分もかかっていませんでした。

どうしてこのような取引が可能なのか。チャート画像を使って解説していきます。

AbemaTV

トレードポイントを解説

注文から決済までの所要時間は40秒でしたが、トレードに入るまでにはやはりチャート分析をしておかなければなりません。今回の場合は、プライスアクショントレード、相場の価格が動き出すタイミングを探すためのチャートポイントを解説します。

最初に今回の取引のトレードポイントをお伝えします。取引履歴にあるように、Goldの買い(ロング)取引です。

トレードポイント

価格が上昇中である
直近の相場はレンジ相場だった
レンジ相場を上方向にブレイクした
ブレイク後に価格が戻ってきた
ゾーンと移動平均線に価格が反応した
買いのエントリー

上記のようにいくつもの要素が重なると、価格が動き出す傾向にあります。それではチャートを見ていくことにしましょう。

チャート解説①

Goldの15分足チャートです。この時の状況は上昇トレンドでした。これがまず第一の取引ポイントですね。

上昇トレンド中なので買いのエントリーのほうがよさそうです。

チャート解説②

そして価格は上昇中でしたが、直近の値動きはレンジ相場でした。水色の枠部分がレンジ帯と考えてよさそうです。

そのレンジ帯を上方向に価格がブレイクしているのがわかります。一気にピンク色丸部分近辺まで価格が上昇しました。一気にブレイクされると、なかなか飛び乗りでエントリーすることは難しいですし、どこまで価格が上昇するのか判断が難しいです。

こういった状況の際は、価格が戻ってくるのをじっと我慢です。

チャート解説③

さて、価格が一気に上昇してしまったわけですが、しばらくすると鉄板ポイントが訪れました。買いの根拠がいくつも集まっています。

上昇方向にブレイクした後モジモジしていた価格が、今度は一気に下落してブレイクし始めた価格に戻ってきました。この時の状況が、

・ブレイク後の戻り

・レンジ帯のゾーン

・中期移動平均線に価格がサポートされている

これだけの根拠が揃ったので買いのエントリーをしたわけです。しかもトレンドは上方向です。順張りですよね。

そのあとの結果は取引履歴のとおりです。

いかがでしたか?プライスアクショントレードはいくつものトレード根拠が集まり、重なったときに価格が反応する!と言い換えることができます。ぜひ、試してみてください。

このように、チャート分析ができるようになるとFX取引が楽しく稼げるようになります。当ブログの無料会員になるとチャート分析の勉強、僕の相場予測、FXで資産を増やす方法などがわかります。参考にしてみてください↓↓↓↓

【FX】会員限定『週間チャート分析』記事が読める!【無料登録方法】

さらに、YouTubeチャンネル登録&LINE友だち追加をすると、エントリーから決済まですべてを通知する『N-シグナル』を受け取ることができます。なかなか稼げていない!という人は、N-シグナルで稼ぎながらチャートの勉強をするというのも良い方法です。

詳しい内容はこちら↓↓↓↓

 

それでは、次回の記事でまたお会いしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事