【FX】7月利益+373,144円!稼げるチャートの見方を覚えて取引する方法

こんにちは、ナオトです。

仕事以外の収入が一ヶ月に30万以上あれば生活に余裕が生まれます。さらに安定してFX投資で30万以上稼ぐことができるようになれば『専業トレーダー』になることも夢ではありません。専業に憧れる人も多いはずです。

そこで今回は、2022年7月の収益が30万以上ある僕の取引履歴を参考にして、どのような視点でチャートを見れば稼げるようになるのか?をテーマに記事を書いていきます。そしてトレードの際に意識しなければならないこと、さらには売り手と買い手の心理などを利用して取引する方法もお伝えします。

すごい!
月収30万か~
うらやましい

なお太郎
意識する点を知っていれば稼ぐことが可能だぜ

なお太郎
あとはチャートの見方のコツを覚えることだ

やっぱり見るポイントがあるんだね!
早く教えて~!

FX関連の情報をつぶやいてます
Twitter:ナオト(@fpnaoto_fxtrade )
記事のテーマ

稼げるチャートの見方

実際のチャートを使って解説していますので、非常にわかりやすいかと。最後まで記事を読み進めれば、きっとあなたもチャーチストになっている!

7月の取引履歴を公開

まず最初に2022年7月の取引結果をお見せします。履歴が多いのでここでは、最終ページを掲載します。

7月26日が7月最後の取引となっています。そして緑色枠内部分が損益です。¥373,144円が利益です。FX投資で一ヶ月取引して利益を残すことはなかなか大変なことです。継続して利益を残していくコツを覚えていきましょう。

余談ですが、取引履歴の7月21日、26日にある-33000円という数字は出金したことを表しています。ですので21日、26日の2回出金(¥33000×2回分)しているということになります。

この記事は動画でも閲覧することができます。YouTubeチャンネル登録しておくと、ライブ配信などお得な情報をいち早くキャッチできます。チャンネル登録しておくことをおすすめします。

 

ちなみにですが、上記動画には6月の収支結果についてもお伝えしています。果たして6月のFX取引はどうだったのか?ぜひ視聴してみてください。

稼げるチャートの見方とは?

稼ぐために必要なチャートの見方、これがわかるとFX投資は怖いものなしですよね。チャートのどの部分を見てどんなことを意識すればよいのか?非常に気になります。結論を言うと

一つの大前提と二つの意識を持つ!

これが答えになります。とは言え、これだけでは何のことかさっぱりわからん。と思います。順番に掘り下げていきます。

チャートの見方の大前提は?

FX取引で稼ぐために前提として必ずしておかなければならないことがあります。この前提がなければすべては成り立ちません。トレードをするための心構えにも共通していますので、この大前提はしっかりと理解してください。大前提とは

トレードの戦略を作ること

トレードはシンプルが一番ですが、トレードに至るまでの経緯が実はとても重要なのです。トレード戦略、シナリオをご自身で考えておくことがチャートの見方のコツを覚えるための大前提です。逆に言うと、いくら小技を覚えたとしても、基本的な考え方ができていなければ無駄になってしまうということです。

それくらい重要なのが戦略を持ってトレードすることなのです。戦略の作り方、シナリオ作成がわからない!という方は以下の記事が参考になります。

チャートの見方の2つの意識とは?

実際にトレードしようとしたときに、常に意識しておいた方が良い2つのポイントがあります。これを意識しておくと、トレードの最中でも臨機応変に対応することができます。一つ目の意識は

勝ち逃げを意識する

取引していて利益が乗ってくると、もっと稼ぎたい、もっと増やしたいという欲が出てきます。そう考えて取引しているといつの間にか踏み損になっている。ということがしばしば見受けられます。

FXで大事な考え方は、大勝ちするすることより負けないこと。これが相場で生き残るためのコツです。小さい利益を積み上げることが重要です。

二つ目の意識は大衆心理を読むことに通じますが

買い手、売り手が許してくれる場所を意識

どういうことでしょうか?トレーダーの多くはチャート分析をして取引しています。その際にインジケータやローソク足、節目などを参考に分析しています。これを逆手に取り、仮に買いの取引をしていたのならば、売り手のトレーダーはどこまで価格が上昇するのを許してくれるか?

これを意識するとトレードがより簡単になります。簡単という意味はエントリー、利確、損切ポイントがわかりやすくなるという意味です。次項で実際のチャートを利用して二つの意識について説明します。

2つの意識をチャートで実演

一見すると、FXのチャートはランダムに動いているようにも見えます。しかしながら、チャート分析の勉強をしていくにつれ、ある程度の法則性があることに気づきます。それが大衆心理です。つまり買い手と売り手の心理状態ですね。

ここではユーロオージー(EUR/AUD)のチャートを使って二つの意識を含めたチャートで稼ぐコツを解説します。

以下のチャート画像はユーロオージー(EUR/AUD)の15分足チャートです。

チャートを眺めてみると、上昇傾向にあります。仮に、チャートを見始めたのが青色丸部分だとしましょう。このチャートを見たときに考えることはトレンドは上昇なので買いの取引が優勢。利確と損切はどこにするか?ということです。

最初の画像の青色丸部分と上記のオレンジ色丸部分がチャート見始めです。買いを考えたときに利確目標はどこにすべきでしょうか?②部分からショートしているトレーダーもかなりいるはずです。この②部分からショート(売り)しているトレーダーがこれ以上の上昇は嫌だな。と考える場所を探すことが稼ぐコツです。

そう考えると、赤い矢印で示したラインが買い手と売り手の攻防場所になりそうですよね?なので、買い手のあなたとしては、欲張らずに赤い矢印部分に価格が到達したところで決済すべきです。

逆に損切はもっと簡単です。①の水色のゾーンを価格が下抜けてしまったら損切で問題ないですね。もう一段の下落が予測できます。

この例でわかるように、買い手と売り手の大衆心理を読み解くこと、そして欲張らずに利確しておくこと。このふたつを意識してFXトレードしてみてください。

チャート分析の勉強を本格的にしたい方はブログ無料会員になってみましょう。限定記事をお届けします。毎週末に翌週の為替相場の値動きを分析するチャート分析、僕の相場予測、そしてFXで資産を増やすための資産運用法などを限定記事に書いています。

こちらの記事を参照してください↓↓↓↓

【FX】会員限定『週間チャート分析』記事が読める!【無料登録方法】

また、エントリーから決済まですべてをあなたに通知しているN-シグナルが好評です。試してみるのもありです。ただし、シグナルが当たり過ぎているのでFXの勉強がおろそかになってしまうのでは?と、ひそかに心配しています(笑)

 

それでは次回の記事でまたお会いしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事